ブログ王子

prince of blog ブログ王子のブログです。日々興味あることを綴っていきます。仮面ライダー、SEO、Google Analytics、SONY、書評など。

*

iOS9のSpotlight検索は何が強化されたのか?

    2015/09/18

ios9_2015-560x373
iPhone6s発売間近となり、iOS9が9/18に公開されました。ご紹介に預かりました、ブログ王子です。
その新機能の中にSpotlight検索というものがあります。

この機能が普及するとそもそもブラウザでの検索がなくなるんじゃないかという噂も。
Google、Yahoo!に続く第三局Spotlight(スポットライト)となりうるのか?
Spotlight検索について調べてみました。

Spotlight(スポットライト)検索とは

2015-09-18_034826

Spotlight検索とは、検索窓にキーワードを入力することで、iPhone内のアプリや連絡先、音楽やメールなどキーワードに関連する様々な情報を結果として表示するもの。
言わばこの検索を使えば「iPhone箱の中でほしいものを全て取り出せる」という便利な機能というわけです。

実はiOS3の時代から

3

Spotlightが何となく意識されるようになってきたのはiPhoneの大きな進化の一つであるSiriが出てきた時あたり。
そうiOS5あたりかな?と思っている人が多いんじゃないでしょうか。
ところがどっこい、3Gs時代のiOS3にはもう搭載されていたんですね。
当時検索できたのは連絡先と音楽ぐらいでした。

iOS4で幅が広がる

4

Spotlightが出た当初はまだ対象の項目が少なかったのですがiOS4になるとメールやアプリも検索対象になりました。
この頃はiPhoneの待受画面でアプリの配置を自分なりに整理するというのが流行りました。
使わないアプリは近いアプリとまとめてフォルダに集められ、逆にどこに行ったか分からなくなるなんてこともしばしば。
そんな時でもSpotlight検索でサクッとアプリを探すなどができるようになりました。
これでちょっとSpotlight検索に広がりが見えました。

ただ、色々検索できるようになった反面、3GSのアップデートではこれのせいで遅くなるなんてことも

Webへの広がりを見せたiOS8

8
iOS5、iOS6、iOS7細かい変化を続けてきたものの、大きく飛躍したのはiOS8。ここでSpotlight検索はiPhoneの中だけじゃなくWebの世界も検索できるようになりました。
iOS6のころから検索ワードに合うものがiPhoneの中になければ、Webで検索という項目が出てましたがiOS8ではそのまま検索すればすべてが出るという感じ。
ただ、デフォルトのエンジンがBingとなっています。こういう細かい部分からGoogleの締め出しを行って逆転を図ろうとしている。Googleをライバル視しているのが分かりますね。

でiOS9ではどうなるのか

2015-09-18_031659

今回のアップデートiOS9の何がスゴイのか。
iOS8のころからWebの検索は他の検索エンジンに引き継ぐのみでした。
まぁAppleもWebの検索エンジンを今さら作る気はもちろん無いでしょう。
ただ、今回はそれを揺るがしかねない大きな流れになりそうな気がしています。

アプリのディープリンクに対応

今回iOS9のSpotlightはアプリのディープリンクの画面も検索結果の対象になりました。
そもそもディープリンクって何?という人もいるかもですが。
超カンタンにいうとアプリの中のページも検索でき、アプリ内のページに直接アクセスできるということです。

で、それの何がスゴイのか。
たとえば、ユーザーが食べログのアプリを入れてたとして近くの居酒屋を探そうとします。その時にSpotlight検索を行うと食べログアプリ内の居酒屋のページを表示することができるのです。

そうなると何が変わるのか?想像してみてください。

競合サイトが入り込む余地のない世界

もちろん、新しいアプリを探す際などはアプリストアに行ったりしますが、一旦アプリを入れてしまった場合、そう、今回の場合、食べログアプリを入れてたら
ユーザーはWebにも行かず、ぐるなびのページには一切触れられずに目的の居酒屋を見つけてしまえるんですね。

こうなると今後Webの世界に触れなくてもiPhone内のアプリ内のみで目的が果たしてしまえる。そして競合サイトが入る余地は全く無い状況。
そんな世界が来るかもしれません。

このディープリンクという仕様じたいは何もAppleが創りだしたものではなくAndroidでも同様にアプリの内部ページに直接アクセスできるようになっておりAppindexingといって、Googleの検索結果にアプリの中のページが表示されるように変化してきています。

ただ、正直これが進んできたアプリとサイトの境界がなくなりかねません。むしろアプリのほうが便利となればアプリ重視で探すユーザーも増えてくることでしょう。

ブラウザが必要無くなるかも

ブラウザが必要なくなって、iPhone(スマホ)とアプリで完結する時代。そんな時代が近い将来来るかもしれません。
アプリの中に情報があり、それはスマホ内のみで検索して答えを出してくれる時代。
わざわざ大量にあるサイトの中から選ぶ必要も無いのかもしれない。
そうなれば、新たなルールが存在するようになる。
そんな時代でも戦っていけるよう、今から感度高く状況を見ておく必要がありますね。

 - 全て