ブログ王子

prince of blog ブログ王子のブログです。日々興味あることを綴っていきます。仮面ライダー、SEO、Google Analytics、SONY、書評など。

*

フリマアプリ【メルカリ】を使ってみて分かった11のポイント

    2015/09/24

メルカリ

ブログ王子的には~~!おはようございます。スマホで自由に商品を売買できるフリマアプリ、メルカリ。1600ダウンロードとユーザー数も多く非常に人気の高いメルカリですが使ってみて分かったポイントがいくつかありますのでここでご紹介します。

【豆知識】ちなみにメルカリの社長は、過去にウノウというスタートアップ企業を米ソーシャルゲーム大手のZynga(ジンガ)に売却した山田進太郎氏。元々楽天オークションの立ち上げ等もやった人らしく、その道では有名な起業家です。

1.写真が正方形

写真系のスマホアプリでは当たり前なのかもしれませんが、写真が正方形です。僕はそれを知らず、ミラーレスで渾身の写真を取ったのですが、縦長の写真の場合、結局正方形に合わせて切らなくてはならず、思い通りの写真でアップができませんでした。写真を取る際は正方形でベストショットとなるよう調整する必要があります。

2.アップできる写真点数が4点

写真点数はいくらでもアップできるのかと思いきや、4点までしかアップできません。自分の商品が一番アピールできる4カットを選ぶようにしましょう。僕が最初にアップした商品は、コートだったので「全体写真表」「全体写真裏」「ポケット部分アップ」「ロゴ部分アップ」を写真に取りました。

3.提示する価格は売りたい金額

登録してから勘違いに気づいたのですが、これはフリマアプリでオークションではないんですね。ヤフオクぐらいしか使ったことがなかったので勘違いしてましたが、あくまで提示する額は売りたい金額であり、それ以上にはなりません。そこも見越して値付けをする必要があります。

4.取引手数料が10%

さり気なく10%としていますが、金額が大きい場合これは意外に大きいです。僕の場合、ポール・スミスのトレンチコートを9000円で売りましたが手数料が900円取られました。実質8100円で売ったことになります。この手数料は毎回とられるので意外にデカいです。

5.商品代金を受け取るまでの期間が長い

商品が売れてから商品代金を受取るまでですが、基本的に半月ごとに〆があり5日、20日の支払いになります。実際ヤフオクなどでは直接取引で相手から振り込まれるケースが多いのでそのことを思うとお金を受け取るまでの期間が非常に長いです。

6.振り込み手数料も別途とられる

商品代金を振り込み申請する場合、別途振り込み手数料もこちら側の負担になります。1商品ずつ申請すると都度手数料がとられますのでそれだけでも利益が減ってしまいます。

7.売れないと値下げをアピールされる

商品が売れない場合、管理者側からのメッセージでも「10%値下げして売りませんか?」みたいなメッセージが飛んできます。また、ユーザーとのやり取りの掲示板でも値下げ交渉を行うケースも多々あります。この辺り、最初の提示金額から減らさざるを得なくなるケースも多々あるため、値付けは慎重に行う必要があります。

8.送料無料設定に注意

これはメルカリに限った話ではないですが、通常こういう個人売買の仕組みの場合、送料着払いより送料無料の方がアピールポイントになり売れやすい傾向があります。ただ、これも侮ってはいけません。宅配についても箱の大きさが大きくなる場合、意外に金額が高くなります。僕の場合、コートを売る際に意外に大きなダンボール箱になってしまったのですが、その際は近畿地方から中国地方まで1000円以上送料がかかってしまいました。

9.あらかじめ送付する箱など用意しておく

これもメルカリに限ったことではないかも知れませんが、オークションと違って終了日時を指定できませんのいつ売れるのかタイミングは決めれないということがあります。商品が売れたあとは出来る限り速やかに商品を送ってあげたほうがお互い気持よく取引が行えますね。ただ、僕の場合、数日で売れたのは良かったのですが、送るための梱包方法まであまり考えてませんでした。いざ送ろうとするとそれに合った段ボール箱も用意する必要がありましたし、緩衝材はどうするんだ、布テープの方がいいなとかもろもろ準備する必要がありました。仕事をしてると平日にはどうしてもその対応がしづらいため、これらはあらかじめ準備しておいたほうがいいでしょう。

10.あえて期日を指定する裏ワザ

僕の場合、何人か質問やいいね!はついていたのですが、中々購入には至らずどうしようかという状況でした。管理者からは値下げしないかとお誘いは来るし。。ですが、今回僕はあえて値下げはせず、あえて「○日までに購入されなければ出品取り下げます」と日付込みでアピールしました。ある種かけではありますが、値下げはしたくなかったので「早くしないと買えなくなる」という消費者の心理を煽る作戦に出ました。この作戦は功を奏し、翌日に見事注文となりました。

11.使ってる人は初心者が多いかも

自分も取引初めてでしたが、スマホアプリという特性上、かなり気軽に出品や落札が行えるので意外に初心者が多い印象でした。その点ではヤフオクなど常に価格比較をしているユーザーに比べるとある程度金額は高めに設定しても売れるケースもあるのかなと思いました。

以上、メルカリを実際使ってみて分かったことをまとめてみました。実際使ってみると意外に色々とお金をとられるなというところがあり、ある程度高めで提示しないと思ったほど利益が出ないなという印象でした。いづれにしてもオークションではないので値付けはかなり重要だなと感じました。

 - 全て